3月の旅行計画時に予定していた計画では、国内空港から台湾を経由、そしてタイへと渡る予定でした。

 

今回は国内空港から台湾へ渡航する際に予約したpeach(ピーチ)便の予約からキャンセル(返金)までの流れを順に記しておきたいと思います。

 

 

 2020年2月11日 チケットの予約

 

予約確定日:2020年2月11日(火)

渡航日:2020年3月26日(木)

peach(ピーチ)予約

とりあえず、この時はコロナウィルスの話も耳にしていましたので、往路だけ予約して様子を見ることに。
もしもキャンセルされ代金が返ってこない場合のことも考慮していました。

 

 

それと共に、台湾(台北)からタイへの便は、別の航空会社(スクート)にて手配。

上記については、台湾で少し観光しながらタイ行きのチケットを購入したかったのですが、日本出国時に台湾出国のチケットがないとチェックインできない可能性がありますので念のために購入。台湾に着いて気が変わったら、買い直してもイイかな、と。

 

 

 

 2020年3月16日 運休及び減便の決定

 

さすがに世界的に新型コロナウィルスの感染拡大が始まり、雲行きが怪しくなってきたところで、2020年3月16日、peach(ピーチ)より、一通のメールが届きました。

 

peach(ピーチ)運休及び減便の決定

 

 

内容は運休の決定でした (இдஇ; )

 

 

メールの下の方には“払い戻しまたは他のPeach便への振替について”という項目があって、リンクをクリックすると

peach(ピーチ)ログイン画面

 

ログインページにつながりますので、ログイン後、手続きを行います。

私は、払い戻し希望でしたので、そのように手続きをし完了。

翌日にはpeach(ピーチ)側から再度メールにて“払い戻し受付完了のお知らせ”がありました。

 

peach(ピーチ)払い戻し受付完了のお知らせ

 

 

 まとめ

 

 

手続きについては特に問題なく、スムーズに完了できた印象です。

 

ちなみに、この記事を執筆している時点(2020年5月4日)では、クレジットカード内に払い戻しされた形跡はありません。

 

2020年5月28日
昨日、5月27日に指定口座に返金分が入金されました。