最近の株主優待取得、及びそのクロス取引について少しだけ思うところを。

 

現在、株価変動のリスクをなくし、安心して企業からの株主優待を取得すべく、クロス取引を行っているのですが、最近の状況に少し居心地の悪さを感じるようになってきました。

 

  1. 全体の流れとして、長期保有を条件にする企業が増えてきていること。
  2. オークション転売価格が下落傾向。
  3. クロス取引が広く知れ渡り、競争の激化。

 

 

1.長期保有を条件にする企業の増加

 

企業としては長く株を持ち続けてほしいから、長期保有者を優先したいのでしょうか?それとも、優待だけ持って行く投資家が単に面白くないからなのでしょうか?

 

優待のために1年とかの長期クロスをすると、優待価値以上に貸株料がかさんでしまいます。

 

かといって、優待目当てで1年以上も現物で保有するのは...明日の株価もわからないのに、1年以上先の株価なんて分かるはずもありませんよね(´・ω・`)

 

よって、取引候補から除外するしかないですね。

 

 

2.転売価格が下落傾向

 

自分で使えそうにないものや、転売して利益の出そうなものは取得の方向で動きますが、いざ、出品してみると、過去の落札価格を下回る優待品が結構あります。これは過去よりも供給が過剰になってきている証拠ですね。ひどいものだと取得にかかった費用以下になっているものも(;´Д`)

 

最近は、ヤフオクなんかを見ていると、まだ優待品が届いてもないのに出品している方もいて、だいたいそれが最高値を付けていたりします。

 

 

3.クロス取引、競争の激化

 

これはもう、取引していると感じますね。まず、初日19時の注文を出す瞬間はおそらく秒単位の競り合いだと思います。

 

売りの在庫があるのを確認して発注ボタンを押しても、次の画面でエラーになるとか。ただただ疲れます(^-^;

 

 

 

 

【まとめ】

 

現段階では、無理せずクロスできるものがあればやっていきたいと思いますが、最終的には規模を縮小して、できた時間で違うことをしていくようになるでしょう。

 

ちなみに、1月は1件もクロス取引はしておりません(笑)

権利確定日前日に残っていて、欲しいのがあれば考えます~