2019年5月31日

 

 

バンコクからラオスへ ~ 寝台列車の旅(前編)

 

 

□ 旅の行程

 

出発駅はバンコクのフアランポーン駅、そして、到着駅はラオスのタナーレーン駅です。タナーレーン駅からはタクシーでラオスの首都ビエンチャンまで向かいます。

 

途中、タイ国境側の終着駅ノーンカーイ駅で入国審査のため乗り換えをします。

タイ国内の利用路線は東北線(ノーンカーイ行き)です。

 

タイ国鉄につてはコチラ(Wikipedia)、列車の時刻表はコチラタイ国鉄時刻表(非公式日本版))参照してください。

 

↑GoogleMAPでは路線図で表示できませんでしたが、地理的位置関係の参考に。

 

ノーンカーイからタナーレーン

↑ノーンカーイからタナーレーン駅までの詳細図です。

距離にして約5.5kmくらい。

列車でタイラオス友好橋を渡って国境を越えます。

 

 

□ フアランポーン駅からノーンカーイ駅までのチケット

 

チケットはタイ国鉄のホームページから予約購入できます。

私は前日5月30日の夜に予約しようとしましたが、該当の寝台列車だけ選択できなくなっていました(;´Д`)

 

予約画面

↑次の予約画面に進めるのは緑のボタンだけです。灰色表示は予約できません。

 

あまり直近だと購入できないようなので、心配な方は少し余裕を持って予約しておいた方が良いと思います。

 

私はホームページから購入できませんでしたので、

もしかして、窓口でも売り切れで買えないかも...
Thai Cat love
Thai Cat love

と心配しながらフアランポーン駅の窓口に並ぶことにしました。

 

で、結局のところはフアランポーン駅の窓口で当日の日中、無事に購入できました(^^)

 

 

窓口の係員には英語が通じますのでスムーズに発券。英語がよくわからなくても

「To NONG KHAI、Sleep Train、Second Class、1 person」

などと片言でも伝えれば対応してくれると思いますが、目的地と出発時刻は最低限確認した方がイイですね。

 

ノーンカーイ行きチケット

↑バンコク(フアランポーン)20:00発-ノーンカーイ翌6:25着

2等寝台、11号車の座席12番(下段)、998B也。

 

ちなみに上段のシートは898Bです。

昇り降りがあって不便なのと、窓がない分安いようです。

 

□ 乗車まで

夕方のフアランポーン駅前

↑夕方18時頃のフアランポーン駅前

 

フアランポーン構内

 

BLACK CANYON COFFEE

出発時間20時までの間、駅構内のコンビニでお菓子や飲み物を購入したり、“BLACK CANYON COFFEE”でAと一緒に時間をつぶします。

 

フアランポーン駅構内 電光掲示板

↑各列車の運行状況を確認できる電光掲示板があります。

 

ノーンカーイ行きの前の列車は軒並み遅延しているので、ドキドキ(;’∀’)

 

□ いよいよ乗車!

Special Express 25

 

Special Express 25の中から

↑乗車して車内からプラットホームを眺める。

 

ベッドメイキング

↑乗車してすぐにベッドメイクが始まりました。

 

ベッドメイキング完了!

↑ベッドに変わった座席でゆっくりしていると、すぐに発車しました。

時計を見ると20:10。

10分遅れただけで良かった~(´▽`) ホッ

 

...しばらく車窓を眺めて物思いに耽ていましたが、

そういえばっ!?
Thai Cat love
Thai Cat love

と、食堂車のことを思い出し、空腹感はありませんでしたが食事をとることに(^-^;

 

いつぞやのニュース記事で、タイ国鉄の食堂車が“採算が取れない”だとかで順次廃止していくとのことでしたので、無くなる前に利用してみようかと(^^)

でも、廃止されるのは他の路線だったかもしれません。

...うろ覚えで申し訳ないです...

 

 

では、食堂車へ向かいます~(^^)/

 

 

 

後編へつづく