2019年6月7日

 

 

パークセーから陸路で国境を越え、タイ・ウボンラチャタニーへ

 

 


この記事は2019年6月7日にラオス・パークセーからバスを使って国境を越え、タイ・ウボンラチャタニーのホテルまで移動した体験を記したものです。

これから、同じルートで国境越えをする旅行者の参考になれば幸いです。


 

 

この日はラオス・パークセーからバスで国境を越えてタイ・ウボンラチャタニーのホテルまで向かいます。

 

 

国境越えバスチケットの入手方法

 

パークセーには中心地から少し離れたところにバスターミナルが点在しています。チケットはそこで購入可能ですので、バスターミナルまではトゥクトゥクを街中で拾って向かう必要があります。その場合、だいたい片道40,000kip、戻りも考えると往復で80,000kip、交渉すればもっと安くなるかも知れませんが、それに加えてバスの料金が60,000kip発生し、合計140,000kipかかります。

(※バス料金はタイバーツですと200Bです。)

 

この方法だと、出発日の前日以前に一度バスターミナルに行かなくてはならず、移動時間だけでももったいなく感じます。実際、私が宿泊していた「PAKSE HOTEL」からポンコツトゥクトゥクで20分くらいはかかりました。

 

そこで、お勧めの方法は、パークセー市街に何社かある旅行会社を利用することです。そこでウボンラチャタニー行きのバスチケットも取り扱っています(^^)

 

 ↑私がバスのチケットを予約した旅行会社

 

旅行会社エントランス

↑エントランス

 

旅行会社内

↑デスク

 

バス料金表

↑各種バス料金表

 

ここで、8:30発Pakse-Ubon 行きのチケットを一枚(80,000kip)予約しました。

8時頃に私の宿泊するホテルまで迎えに来てくれるそうです(^^)

 

なので、一度バスターミナルへ向かう時間も往復のトゥクトゥク費用も削減できました!

 

旅行会社でもらったチケット引換券?は当日バスターミナルでバスチケットと引き換えになるので、なくさないように大切に保管しましょう。

 

 

出発日当日、バスターミナルへ!

 

出発日当日の朝はホテルのチェックアウトを済ませ、朝8時にホテルのレセプション前で待ちます。そうすると昨日の旅行会社のスタッフが挨拶に来て、外のトゥクトゥクでバスターミナルへ向かってくれとのこと。

 

 

ということで、トゥクトゥクに乗り込み、バスターミナルまで向かいます。トゥクトゥクと言っても原チャリにカゴのサイドカーを取ってつけたような乗り物なので、正直乗り心地は良くありません。

また、原チャリ自体も相当年季が入っているようで、時速30kmくらいしかスピードが出ませんし、走行中にクラッチが滑りまくりで何度も
「ギュイーーーーン!」
という激しいスベリ音と共に減速してしまう場面がありました...

 

それでも約20分後、私の不安をよそにトゥクトゥクは無事にバスターミナルに到着。

↑Kriangkai Bus Terminal

 

バスターミナル

↑バスターミナルの待合エリア

画像左側がカウンターになっていますので、そこに昨日旅行会社から貰ったチケット引換券を渡します。そうするとバスチケットと入出国カードを渡されますので、待合エリアのテーブルで入出国カードに記入しながらバスの出発を待ちます。

 

バスチケット

↑バスチケット

 

8:30発 Pakse-Ubon 行きのバス

↑8:30発Pakse-Ubon 行きのバス

 

バスの車内

 

バスは定刻通り出発。

 

入出国カードに記入していた私の隣にいたおじさんは、当バスのドライバーでした。だいぶ前から待機していたのでしょうか、ずっとあくびしてましたね(^-^;

 

 

 

 

国境到着~ラオス出国審査~タイ入国審査

 

ラオス イミグレーション

↑ラオス側イミグレーション

 

パスポートと入出国カード、それと手数料20,000kipを提出してスタンプを押してもらいます。

 

無事にラオス側イミグレーションを通過したら、そのまま徒歩で国境を越えます。上画像の4人は同じバスの乗客なので、不安な私は後ろをトコトコついていきます(笑)

 

「GO TO THAILAND」

↑「GO TO THAILAND」の看板あり。助かります(^-^;

 

地下道入口

↑いったん地下道へ入ります。

 

↑地下へ下ります。

 

地下道

↑地下道を進みます。

 

↑しばらく歩くと地上へ出ます。

 

↑出た先に再度看板。

 

正面にイミグレーション

↑すると正面にイミグレーションが。

 

日本人はそのまま入国審査を受けて入国できます。

 

私は前の人たちについて行って、上画像から右に曲がりみんなと一緒に小さな部屋へ...

部屋の中には20人位並んでおり順番が回ってきたのでパスポートを見せると、

「OH!JAPAN!」

「Come!Follow me!」

と言われ、先ほどのイミグレーションまで連れてこられました...(^-^;

さっきの小部屋はいったい...?
Thai Cat love
Thai Cat love

 

 

タイ入国~バス再出発

 

バス検査

↑イミグレーションを抜けてすぐに乗ってきたバスを発見。

 

↑警察のチェックがあったようですね。

 

タイヤを消毒

↑タイヤを消毒。

 

タイヤを消毒

↑同じく消毒済み。

 

 

その後すぐに乗車可能になりましたので、全員バスに乗り込みウボンラチャタニーのバスターミナルまで再出発です。

 

このようなルートを通ったかどうかは分かりませんが、位置関係の参考になれば幸いです。国境を出て約2時間弱でウボンラチャタニーのバスターミナルに到着しました。

 

ちなみに、途中、ガソリンスタンドで給油したり、電装部品屋でエアコンガスも補充してました(笑)

それについてクレームつけてくる乗客もいませんし、のんびりしていてホッコリしますね(^^)

思い返してみると、すごく良い時時間を過ごせていたのだと、日本でこの記事を書いていてつくづく思います。

 

乗り合いソンテウ

↑給油中のバスの車窓から(乗り合いソンテウ)

 

その後、バスターミナルに到着してからは昼食としてクイティアオを食べ、近くに停車していたタクシーでホテルへ向かいました。

 

クイティアオ

↑昼食のクイティアオ・ムー・センレック50B也。

 

タクシー内

↑昼食を食べてタクシーでホテルに向かいます。

 

タクシー料金表

↑ウボンラチャタニーではタクシー初乗りが40Bでした。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございました(^^)/