2019年11月某日に【2305】スタジオアリスより株主優待が到着しました。

 

スタジオアリスってどんな会社?

 

【業種】 他個人サービス・製品

 

【特色】子供写真館の最大手。七五三が売上の4割を占める。出張撮影やアプリなど新規事業を育成中

 

【費用重い】写真館は新店前期並み7前後、自社競合整理し純増はゼロ計画。既存店横ばい維持。ただ資産除去債務積み増しなど償却費増ずしり重い。写真プリント外販強化など多角化も費用先行。営業益足踏み。

 

【写真館以外】プリント外販は東京五輪関連ポスターなど商業印刷物狙い営業員拡充、子供撮影以外の収益源確立狙う。振袖レンタルも認知度向上へ宣伝費を積極投入。

(参考文献:東洋経済 会社四季報)

 

 

 株主優待

スタジオアリス 株主写真撮影券

↑株主写真撮影券

四切写真プリント(フレーム付)、キャビネサイズデザインフォト(アクリルフレーム付)、B3サイズポスターのいずれかひとつをお渡しする「株主写真撮影券」を、所有株式数に応じて贈呈します。

 

 優待内容

優待内容名 優待獲得株数 備考
株主写真撮影券 1枚 100株以上  -
2枚 500株以上
3枚 1,000株以上
10枚 10,000株以上

情報提供:東洋経済新報社

 

 最近の株価

2305

 

 

 株主優待株 取得データ

取得日:8/15
株価:2070円
取得株数:100株

 

 

 株主優待 取得経費

信用買い売買手数料:138円
一般信用売り売買手数料:258円
信用買い金利(1日):15円
貸株料(15日):331円

 

経費合計 742円

 

 

 

 まとめ

 

今回は在庫の様子を見つつ、MAXでの保有期間ではなかったので貸株料が軽減されました。

前回は貸株料で21日、565円。

さらに“買い”を現物から信用→現引きにすることで、売買手数料も155円削減できました。

これらで、前回比-389円の経費節約となりました。

 

 

前回の優待到着時の様子。

 

結局、前回の優待券はオークションに出品し、

無事に現金に交換できましたので、今回も同じくオークション行きとなりそうです。